やつば池散歩道(豊田市)のブログ

やつば池(八ッ谷池)は、私が住んでいる豊田市朝日町と、その隣の丸根町に接する小さな農業用の溜め池です。              やつば池を周回する散歩道を元気に歩ける幸せを感じながら、地域の話題や情報を発信します。

2月22日(金)、このところ暖かい陽気が続き、豊田市平芝公園の梅の花もずいぶん咲き出していました。
DSCN2124
公園の入り口付近にも、多くの人が梅の花を楽しみに訪れている姿がありました。
DSCN2084
場所によっては4∼5分咲きになっています。
DSCN2086
広さ6.28haの平芝公園内には早咲きから遅咲きなど37種、約530本の梅が植えられています。
種類によって開花の時期が異なるため、2月中旬から3月中旬までの長期間にわたって梅の花が見られます。

DSCN2091
紅梅と白梅のバランス良く植えられていて綺麗な景観が楽しめます。
DSCN2092
この日は2∼3分咲きになった枝垂れ紅梅が青空をバックに色鮮やかでした。
DSCN2118
カメラを向ける姿があちらこちらで見られました。
DSCN2090
良い写真が撮れているといいですね。
DSCN2121
平芝公園梅まつりは3月2日(土)からですが、まつりを前にして公園横の安長寺の駐車場が臨時駐車場として開放されています。
DSCN1680
駐車場の区画線は少し狭めですが、気を付けて駐車して見頃を迎えた梅林を楽しんでください。


まだ2月だというのに、昨日の豊田市の気温は17℃を超えるという春の陽気になりました。
静岡県河津町の河津桜まつりが行なわれている会場では、カワヅザクラ(河津桜)が20日に満開になったという情報でした。
2月21日(木)、やつば池散歩道に植えられている河津桜のつぼみも一気にほころび、枝先にチラホラと花が咲き出していました。
DSCN2016
3本の河津桜の中で、一番花が多く咲き出していたのは左の樹でした。
DSCN2019
少し離れた場所からでも花が咲いているのが良く分かるくらい、たくさんの花が咲き出していました。
DSCN2032
近づいてみると、こんな状態でした。
DSCN2027
3本の桜の樹の中で、真ん中に植えられている樹には何故かまだ花が見られませんでした。
DSCN2025
明日にも開花しそうなつぼみがありました。
DSCN2023
苗を植えてから3年目になり、樹も大きく育って、枝先の花のつぼみも多くみられるようになってきて満開になるのが楽しみな、やつば池散歩道の河津桜です。



先日お詣りに行った熱田神宮の境内に、清水が湧く場所があるということを聞いていたので、その場所に行ってみました。
その場所は、通路から2mほど掘り下げられ石垣で囲われていて、きれいな水が湧き出ています。
熱田神宮
この清水が湧く場所は、熱田神宮の本殿の周りを囲む木立の中にある「こころの小径」という散策路の途中にある清水社のすぐ横になります。
DSCN1891
この案内板の説明に「この小径を進みますと、清水社の湧き水に通じます。古くから熱田大神が絶世の美女と謳われた楊貴妃となったとの言い伝えがあり、お清水さまには今もなお、目や肌が美しくなるという信仰が伝わります。」
と書かれています。

こころの小径の途中にある清水社です。
DSCN1898
清水社には、水を司る神様が祀られています。
DSCN1899
清水社の案内板には「平家の武将であった平景清が目を患った折、湧き水で清めた処、霊験あらたかであった事から眼病平癒の信仰が篤い」と書かれていました。

清水社の横から湧き水の場所へは階段で降りられるようになっています。
DSCN1902
湧き水は「お清水」と呼ばれています。
DSCN1901
その案内板には「湧き水の中にある苔むした石は享禄の古図(1529年頃)にも描かれている楊貴妃の石塔の一部との説もある。三度水をかけて祈願すると願い事がかなうとか。この水で肌を洗えば綺麗になるといわれている」と書かれていました。
DSCN1903
苔むした石から足場まではおよそ3m、足場の横に柄杓が置かれています。
遠いようですが意外と簡単に石に水をかけられます。
DSCN1904
多くの参拝客が順番に並んで水掛に挑戦していました。

パワースポットと呼ばれているこんな場所が、熱田神宮の中にもあったので紹介しました。
今度熱田神宮へお詣りに行かれて時には、ぜひ「こころの小径」を散策し、お清水さまの湧き水を訪ねてみてはいかがですか。
 

↑このページのトップヘ