やつば池散歩道(豊田市)のブログ

やつば池(八ッ谷池)は、私が住んでいる豊田市朝日町と、その隣の丸根町に接する小さな農業用の溜め池です。                  やつば池を周回する散歩道を元気に歩ける幸せを感じながら、地域の話題や情報を発信します。

10月20日 (土) 、豊田市挙母神社の例祭、挙母祭りが2日間の日程で始まりました。
DSCN8844
初日は試楽祭で、午後から挙母の各町内で愛知県民俗有形文化財に指定された山車が8輌、樹木地区の3輌と下町地区の5輌に分かれて、町内の曳き回しが行なわれます。
午後1時過ぎの豊田市駅前通りには下町の山車5輌が並びました。
DSCN8791
昨年暮れに完成したKiTARAのビルの前に並んだ山車の周りには、大勢の人が集まっています。
DSCN8796
午後1時半、花火の音を合図に、先頭の西町の山車から5輌が連なって下町地区の町内を曳き回しする五町曳きがスタートしました。
山車は豊田市駅前のロータリーを白い紙吹雪をまき散らしながら進んで行きます。
DSCN8800 (2)
続いて喜多町の山車の列が動き出しました。
DSCN8802
新しい建物を背景にロータリーに向かって進む喜多町の山車です。
DSCN8806
ロータリーのカーブで撒いた赤と黄色の豪快な紙吹雪です。
DSCN8807
続いてブルーに衣装を揃えた神明町です。
DSCN8814
紙吹雪も爽やかな青色でした。
DSCN8815
4番目に駅前に進んできた中町です。
DSCN8821
山車を曳く人たちの衣装がそろって綺麗な列です。
DSCN8824
豪快な紙吹雪は淡いピンク色でした。
DSCN8826
最後に竹生町です。
DSCN8838
山車の上では真っ赤な衣装が鮮やかです。
DSCN8842
駅前のロータリーで撒いた紙吹雪は赤色と白色の紅白でした。
DSCN8847 (2)
5輌の山車が通過した駅前ロータリーには紙吹雪が積もって、舗装のアスファルトが見えない状態でした。
DSCN8853
数分後に道路清掃車が通り抜けて行きました。
DSCN8873
この後も町内の曳き回しが行なわれて、夕方には各山車はそれぞれの山車蔵に戻り、明日の本楽祭に備えます。
昨年は台風の影響で本楽祭の山車の巡行が中止になったこともあり、明日は晴天の中で2年ぶりの本楽祭が楽しめそうです。
本楽祭では、午前中に挙母神社に勢揃いした8輌の山車が、午後4時からの曳き出しで盛り上がりそうです。


10月20日 (土) 、今年も広い休耕地一面に咲いている豊田市千足町のコスモス畑です。
DSCN8722
コスモス畑は逢妻女川の右岸に広がっています。
DSCN8713
北東側には東名高速道路が走り、
DSCN8749
南西側には国道153号線の高架があります。
DSCN8731
2つの道路と逢妻女川に囲まれた場所になり、少し西へ行けば、みよし市になります。

一面に広がるコスモス畑は、豊田市わくわく事業の一環として、千足自治区の皆さんが12年前から続けられている活動です。
DSCN8707
およそ4ヘクタールの休耕田を利用した見渡す限りのコスモスの花畑です。
DSCN8716
田んぼの畦道を散策しながら目の前に咲くコスモスを楽しめます。
DSCN8728
ピンク系のコスモス畑の中に一面だけキバナコスモスの所がありました。
DSCN8767
黄色のコスモスの花が一面に咲いています。
DSCN8759
コスモス畑の横にタマゴ農場があり、生みたて卵を売っています。
DSCN8773
この建物の入り口の扉にウォーキング大会の案内が貼られていました。
DSCN8771
明日の日曜日に、千足自治区でコスモスふれあいウォーキング大会があるようです。
いろいろと楽しい企画がされているようです。
DSCN8709
コスモスの栽培だけでも大変なのに、こんなイベントを企画されている千足自治区の皆さんのパワーに驚きです。
来年もまた、きれいなコスモスを楽しみにしています。

10月18日(木)実家の名古屋市緑区大高町でお墓参りをした後に、大高町にある氷上姉子(ひかみあねご)神社へ立ち寄り、お詣りをした帰りに、氷上姉子神社の北西にある熱田神宮 大高斎田(さいでん)で稲刈りが行なわれているところに遭遇しました。
DSCN8667
斎田とは神に供える米を栽培する田のことです。
氷上姉子神社は熱田神宮の摂社です。
DSCN8664
堂々とした風格の本殿です。
DSCN8652
境内に立てられている説明板です。
DSCN8653

稲刈りが行なわれていた大高斎田では、毎年6月第4日曜日に「御田植祭り」が行なわれています。
畦道の上で、田植歌に合わせて田舞を奉納する早乙女たちです。
DSCF0088
そのあと田んぼに入り、横に並んで田植歌に合わせて田植えを行ないます。
DSCF0102
そして毎年9月28日には、古式ゆかしく実った稲穂を神に感謝する熱田神宮の神事の一つ「抜穂祭(ぬいぼさい)」が執り行われます。  
祭壇には豊かに実った稲穂がお供えされ、
DSCN0559
斎田のお祓いをして、
DSCN0574
祝詞の奏上が行なわれます。
DSCN0580
抜穂祭は豊作を感謝する神事で、5~6株の稲を刈り取って行なわれ、斎田に実った全部の稲を刈り取るのは、抜穂祭の後に稲穂の実り具合を確認して行なわれています。

ちょうどこの日(10月18日)は運良く稲刈りの時で、大高斎田の稲刈りの様子を見ることができました。
DSCN8666
稲刈りは機械で刈り取りますが、昔ながらの稲架(はざ)にかけて干し、天日で乾燥させます。
DSCN8670
1~2日前から作業をされているようで、この人たちは、JAなごや(なごや農業協同組合)と大高の農家の方などが行なっているそうです。
DSCN8685
およそ20人ほどで、テキパキと作業が行なわれていました。
DSCN8694
ほどなくして全ての稲が刈り取られました。
DSCN8697
熱田神宮大高斎田と書かれた立札です。
DSCN8687
今年の米の出来具合は、夏の猛暑や秋の台風などの長雨などのなど異常気象でしたが、平年並みの出来で、豊作と言えるそうです。
この収穫米は熱田神宮の年間の祭典用神饌として、本宮以外各社に供えられるということです。

↑このページのトップヘ