3月13日、今日は朝から雨が激しく降り、春の嵐の一日でした。
ということで、今日のブログは昨日の西山公園での花の話題のつづきです。
今の見どころの花の中にマンサクという表示が有ったので、どんな花か見てきました。
DSCF0100
いろいろな樹木が植えられている中に黄色の花を付けている木を見つけました。
DSCF0093
この木の根元に看板が有りました。
DSCF0088

「マンサク」という名前には、早春に咲くことから、「まず咲く」「まんずさく」が東北地方で訛ったものという説があります。

またこの他に、黄色い花が木いっぱいに咲くので豊年満作から「マンサク」と言われるようになったという説もあるようです。
漢字では「満作」とか「万作」と書きます。
DSCF0086
花は黄色で長さ1.5cmほどの細長いひも状になって咲きます。
DSCF0085
近くで見ても、「綺麗な花だねぇ」ってはなかなか言ってもらえないように思えます。
(これはあくまで私個人の感想ですが・・・)

それから、今の見どころの花に、クリスマスローズが追加されていたので見に行ってみると・・・
ガーデンの中に、赤・緑・黄と色鮮やかな帽子をかぶった園児たちが集まっていました。
DSCF0028
近くのこども園の園児たちが野外学習に来ているようで、あたたかい日差しの中で楽しそうに走り回っていました。
DSCF0052
クリスマスローズの花壇は、先回ブログで紹介した時よりも更に花がたくさん咲いてきていて、まさに見ごろになっていました。