3月21日、今日は彼岸の中日、春分の日です。
日の出の時刻が早くなったなぁと思っていたら、もう5時55分になっていました。
6時前にはすでに太陽が出ているのに、なかなか起きられません。
”春眠暁(あかつき)を覚えず”とはよく言ったものです。
昼と夜の時間が同じになる彼岸の中日、ちなみに日の入り時刻は18時05分です。
日の出の時刻よりも、はるかに遅めにスタートする朝散歩。
散歩のコースを毎日いろいろと変えて歩いていますが、そんな中で豊田朝日郵便局の駐車場に一本の小さな桜の木が有り、満開近しと咲いているのを見つけました。
DSCF0004
早咲きの濃いピンクの花なので、河津桜ではないかと思います。
DSCF0003
郵便局に来ても、この時期だからこそ桜が植えてあることに気が付くのですが、花が咲いていない時には気に留めていない木でした。
アスファルトに固められた土地の片隅に植えられた桜の木に、来年はもっと大きく育ってまた綺麗な花を咲かせて欲しいと願いながら散歩をつづけました。