4月13日の日曜日、朝の散歩で毘森(ひもり)公園に出かけていたら、7時ちょうどに突然すぐ近くで「ドド~~ン」と大きな音がして花火が上がりました。
何だろうと思ったら、公園内にある毘森神社のお祭りの日の合図でした。
DSCN0814
神社のお祭りと言えば、神輿や山車や屋台が出て賑わう様子が想像されますが、毘森神社のお祭り(例祭)は、それらの何も無く質素なお祭りでした。

この神社を受け持つのは、神社が創建されてこの場所に移る前の、豊田市駅に近い挙母(ころも)地区の西町の人達が中心になっているようです。
例祭が毎年4月の第2日曜日に行われているようで、午後1時からの神事の後に子供囃子が奉納され、その後には大抽選会と餅投げがあります。
DSCN0830
午前9時半頃から、西町の町内会の人達が集まり、お祭りの準備をされていました。
DSCN0812
どんなお祭りなのか興味が有ったので、午後から再び神社に出かけて、お祭りの様子を見に行きました。
到着した時には神事が終わって、なおらいのお神酒をいただいていました。
DSCN0815
そのあと、神殿前の舞台で笛や太鼓や三味線などで子供囃子が奉納されました。
DSCN0820
子供囃子は秋の挙母神社の大祭での西町の子供連で編成されているようで、演奏は素晴らしく見事なものでした。
DSCN0824
およそ30分の間、太鼓の叩き手が替わっての演奏が続いていました。
そして抽選会では、一等賞金が何と1万円という豪華なものでした。
DSCN0837
その後に行われた餅投げで写真を撮っていたら、足元に餅がどんどん転がってくるので、写真を撮るのを止めて、急きょ餅拾いに参加しました。
DSCN0846
その成果です。頑張って拾った紅白餅の山。DSCN0847
朝日町に近い神社ですが、意外と近くの町内の人が知らないお祭りです。
毘森祭りは、豊田市の挙母地区、西町の町民の家内安全・商売繁盛、新入学児童の無病息災、厄除け祈願が行われる毘森神社の 例祭でした。