この時期に街路樹や各家庭の庭などで多く見られる木に咲いている花に、ハナミズキ(花水木)があります。
街中を散歩していると、あちらこちらに植えられている、雪のような白色の花と、
DSCN0989
鮮やかなピンク色の花の2種類を見かけます。
DSCN1049
ハナミズキは、大正4年(1915年)に当時の東京市長の尾崎行雄氏が、アメリカのワシントン市へ桜を寄贈した御礼として、アメリカから贈られたのが最初で、その後に全国へ広まっていったそうです。
アメリカから来たヤマボウシ(山法師)に似た花ということで、和名を「アメリカヤマボウシ」と言います。
また、その二つの名前がごっちゃになって「アメリカハナミズキ」とも呼ばれることが有ります。
DSCN1094
DSCN0987
ハナミズキは冬には葉を落す落葉樹ですが、春には花がきれいに咲き、秋には紅葉するので、最近特にあちらこちらの街路樹によく使われています。
若い人には、一青窈(ひととよう)さんの歌でも良く知られているようですね。