5月に入りました。
やつば池散歩道のブログを発信して5ヶ月が過ぎようとしています。
たくさんの方にご訪問をいただき有難うございます。
DSCN1403

散歩道の池の柵に、やつば池クラブの方が立てた鯉のぼりが、春の風をいっぱい受けて元気に泳いでいました。
池から田んぼの方に行ってみると、多くの田んぼに水が張られて、田植えの準備が進んでいます。
DSCN1326
田んぼをならすことによって虫などの鳥の食べ物が出てくるようで、トラクターの近くにはカラスが集まってきています。
DSCN1393
田んぼの隅には、青々と育った苗が準備されています。
DSCN1335
そして、田んぼの水が漏れないようにと、ご夫婦がそろってあぜ道をきれいに整えています。
農機具が進化しても、この作業だけは手作業で行われていました。
DSCN1333
コメ作りの準備が進む中で、こちらは麦畑です。
DSCN1344
大きく育っていて、麦の穂が風に揺れています。
DSCN1347
もうすぐ麦の実が色づいて、収穫の時期になります。
そんな田園風景を楽しんで散歩をしていたら、田んぼの中でキジのカップルを見つけました。
DSCN1441
オスは色鮮やかなのでよく見つけられますが、メスは田んぼの土の色と同じ色なので目立ちません。
DSCN1372a
2羽が前になったり後ろになったりと仲良く揃って、食べ物を探しながら田んぼを横切って行きました。
DSCN1381a
田んぼを耕すトラクターの音があちらこちらで聞こえていて、丸根町一帯の田んぼでも、もうまもなく田植えが始まりそうです。