5月も中旬になり、しばらくぶりに逢妻女川近くの田園地帯の様子を見ると、田んぼにはすでに苗が植えられています。
最近の田植えは、ほとんどが田植え機を使っていますが、朝早くの散歩の時間で田園地帯に行くことが多いので、田植え機で植えているところをなかなか見ることがありません。
DSCN1553
田植え機の操作が上手な人とちょっと苦手の人との腕の違いが、苗の植えられた状態から良くわかって、くにゃくにゃと曲がった植え方を見ると苦労の跡がうかがえて面白いです。
DSCN1552
私も子供の頃に田植えの手伝いをした経験がありますが、その時代にはこんな便利な田植え機がまだ普及していなくて、すべて苗を1株ずつ手で植えていました。
それに比べて今の田植えは、楽になったものだと思います。
でも、田植え機を操作したことが無いので、いざやってみると以外に難しいものかも知れません。
くにゃくにゃと植えられた状態を見ても、決して笑えないかも・・・。

今では、スーパーなどでお米を手に入れることができますが、農家の方のお米作りの苦労を忘れないで、ご飯をいただこうと思います。