3月末まで咲いていた八ッ谷池散歩道の菜の花の後に、5月11日の日曜日にやつば池クラブの人たちが夏の花「ヒマワリ」の種を蒔きました。
ヒマワリの種は鳥の大好物です。
種が見つかったらみんな食べられてしまうので、蒔いた後に薄い布が被せられていました。
DSCN1774
種まきから10日が過ぎ、ヒマワリの芽がたくさん出てきました。
DSCN2182
もう鳥除けの布は要らないようです。
これからの成長が楽しみです。

散歩道の別の場所には、昨年数本のヒマワリが咲いていた場所に、種がこぼれて自然生えで育っているヒマワリがあります。
こちらのヒマワリは、芽が出たのも早かったですが、やつば池クラブの方がきちんと植えかえて面倒を見ているので、どんどん大きく育って、もうすでに1メートルくらいの背丈になっています。
DSCN2168
さすがにまだつぼみは有りませんが、この勢いで育っていけば早い時期にヒマワリの花が見られそうで楽しみです。