5月24日(土)、豊田市公設地方卸売市場で、通常では一般の人が利用できない卸売市場を一般の方に開放して買い物が出来る催しがありました。
DSCN2274
「来て!見て!買って!卸売市場を一般開放!」のキャッチコピーで、最近では年に4~5回、この催しが行なわれています。
先回は2月に行われ、およそ3000人の来場者があったそうです。
買い物が出来る時間は9時30分~11時30分までの2時間だけとなっていますが、9時過ぎに市場へ着いた時には、もうすでにたくさんの人が買い物をしていて賑わっています。
DSCN2243
DSCN2244
DSCN2269
水産の売場では、マグロの解体が行なわれていました。
その場で1ブロックを千円で即売しています。
DSCN2273DSCN2267
人気があって、マグロのブロックを買い求める人で長い列が出来ていました。
マグロのどの部分かは選べないので、運しだいです。
解体している調理台の近くに、解体前のマグロが置かれていました。
DSCN2275
天然のインドマグロで44㎏と書かれたラベルが貼られています。
刺身が旨い、お寿司屋さんが良く使うマグロだそうです。

三河湾の魚介類の試食もあり、シジミの味噌汁が美味しかったです。
DSCN2255

また、四国(宇和海)から直送されてきた魚(鯛)を”たも”ですくい取って、その場で3枚に下ろしてもらえるコーナーもありました。
DSCN2284
DSCN2280
元気に泳いでいる大きな鯛が1匹千円と言うことで、1時間もしないうちに完売になりました。

青果の売場では、愛知県田原産のメロンの試食コーナーがありました。
DSCN2250
こちらにも長い列が出来ていました。 
私も並んで試食しました。

DSCN2263
「レッドメロン」は濃厚な味で・・・

DSCN2254
「イエローキングメロン」はサッパリとした甘さでした。
どちらのメロンも美味しかったです。(・・でも試食しただけで買いませんでした)

市場の中を、あちらこちらを見て歩くだけでも楽しいですが、
DSCN2245
季節の野菜や果物が、スーパーよりも安く買えるものがたくさん有り、
手にいっぱいの袋をぶら下げての買い物をして帰りました。