豊田市内で最大のササユリの群生地が松嶺(まつみね)町にあります。
DSCF0016
松嶺の「ささゆりの里」と名付けています。
DSCF0018

ササユリはユリ科の多年草で、本州中部以西の山地に生えています。
背の高さは約1メートルほどで、花は淡い紅色、長さ10センチほどの、香りがとても良い、
大きな花が咲きます。
DSCF0015

DSCF0031
ササユリの名前は、ユリの葉っぱが「笹(ささ)」に似ていることから、この名前が付けられました。
松嶺町の「ささゆりの里」では、里を管理する松嶺ささゆり群生地保存会が1周約2キロの散策路を草刈りするなどをして管理し、自生するササユリを保護しています。
DSCF0034
群生地には、一般の人が無断で入れませんが、6月1日から15日まで、午前8時から午後4時まで、一般公開がはじまっています。
DSCF0003
6月8日(日)には「ささゆりまつり」を開催し、五平もちや飲みものなどの販売があります。

保存会の情報では、今年は例年並みの6月初旬に開花し、6月10日前後に最盛期を迎える見込みですが、冬期の天候不順に加えイノシシなどの獣害で、少し残念ですがササユリの花は例年よりも少ないもようです。
DSCF0025
可憐なササユリの花を見に行ってみてはいかがですか。