やつば池散歩道の小さな花壇。
散歩する人の目を楽しませる、心のオアシスです。
ボランティア「やつば池クラブ」の人たちで植え替えや水やりの世話をしています。
先日まで長く咲いていた冬・春の花壇から、夏・秋の花壇に変わりました。
DSCN2895


オレンジ色のマリーゴールドと
DSCN2902

黄色のマリーゴールドに、涼しげな青紫のアゲラタム(和名:カッコウアザミ)の花壇が一つ、
DSCN2901
隣のもう一つの花壇には、
DSCN2896

鮮やかなピンク色のニチニチソウ(日々草)と、
DSCN2899

爽やかな白色のニチニチソウと一緒に、
DSCN2898

ポーチュラカ(別名:花スベリヒユ)が植えられています。
DSCN2900

夏の暑さが大好きなポーチュラカには、つぼみがたくさん付いていて、これから咲き出すのが楽しみです。

そして、もう一つの花壇です。
この花壇には、いろいろな花が植えられています。
DSCN2903
白妙菊(しろたえぎく)にマリーゴールド、ペチュニアにベゴニア、外回りにはサルビアがあります。
DSCN2905

この散歩道の花壇の近くには、水道がありません。
雨水が頼りですが、夏の日照りにはそうはいきません。
花壇の水やりには、池の水を利用しますが、エンジン付きのポンプで浴槽を改造した水槽に池の水を汲んで溜めておき、その水をジョロでまいています。

やつば池散歩道の整備は豊田市で行なってきましたが、この場所は公園に指定されていないため、水道やトイレの施設が有りません。

日照りの夏を、花たちが元気に過ごせるようにと祈りながら、散歩道を歩いています。