今の世間の話題と言えば、2014FIFAワールドカップ(W杯)ブラジル大会です。
いよいよ明日6月13日の早朝から1次リーグの試合が始まります。
250px-Football_iu_1996

ところで、FIFA(フィファ)って普通によく使われていますが、どういう意味か分からなかったので調べてみました。
フランス語の: Fédération Internationale de Football Association)の頭文字を取ってFIFAと略しています。
日本語で言うと、国際サッカー連盟です。
アソシエーション式フットボール(=サッカー)の国際統括団体です。
現在、全世界で209の国と地域が加盟しています。

FIFAでは、今までの国際大会の試合結果で、世界ランキングが付けられています。
W杯グループCの1次リーグで日本と対戦する3つの国のランキングは、
コロンビアが8位、ギリシャが12位、コートジボワールが23位です。
日本の今の世界ランキングは46位です。
この数字を見ても、1次リーグ戦で上位の2チームに勝ち残って決勝トーナメントに進むのが、いかに難しいのかが判ります。
それでも、世界ナンバー1を勝ち取ると意気上がる日本代表チームです。
その日本代表に、豊田市に縁のある選手がいます。

その選手は、DF(ディフェンダー=守り)の吉田 麻也(よしだ まや)選手です。
sc-091102-1-ns-big
名古屋グランパスに2007年から2009年まで所属しており、守りの要で活躍をしています。
その後2010年に欧州のチームに移籍して現在はイギリスのチームで活躍しています。

吉田選手は長崎県の出身ですが、小学校6年生の時に、7歳年上の兄が見つけた名古屋グランパスのユースセレクションを、家族で名古屋を訪れるついでに受験し、合格したため、みよし市に移住して、みよし市立北中学校に通いながらサッカー(U-15)をしています。
その後、2004年に県立豊田高校の普通科に進学し、在学中にユース(U-18)の日本代表に選ばれ、同校でも有名な存在となり、女子たちからは大変モテて黄色い声援を送られたそうです。
また、この時代はキャプテンを務め、選手としてもボランチとして攻守にわたって支える、チームの要といえる存在であったという経歴が有ります。
その豊田市伊保町にある豊田高校には、吉田選手を応援する垂れ幕が掲げられています。
DSCN3085
DSCN3090

また豊田高校のすぐ前の県道には大きな横断幕も有ります。
DSCN3083

日本チームの第一戦目が15日(日)の朝10時から有りますが、吉田選手の先発起用はまず間違いないと思います。
吉田選手が点を取られないように守備で活躍して、日本チームがゴールを決めて、勝利するように、テレビの前で応援したいと思っています。