熱田神宮の特殊神事の一つ、御田神社(みたじんじゃ)の御田植祭が、毎年6月18日の午前10時から行なわれます。
 
御田神社は、熱田神宮の境内の北東の端の方の木立に囲まれた所にあります。
 
御田植祭は五穀豊穣をお祈りする祭りで、五穀豊穰の守護神である「大年神(おおとしのかみ)」をお祀りしています。
 
この御田神社の御田植祭りは、本当の苗を田んぼに植えるという儀式ではなく、神社の前で田歌(たうた)に合わせて巫女(みこ)たちが田舞(たまい)を舞う神事です。
 
この御田神社で行なわれる御田植祭の神事で、この数日後6月の第4日曜日に、緑区大高町の氷上姉子神社(ひがみあねごじんじゃ)の境内にある斎田で行なわれるお田植え祭りで植えられる稲の苗には、丈夫で良い稲に生育するよう強い呪力ある穀霊が取り付くといわれています。
 
6月18日、午前9時半ごろの、御田神社です。
DSCN2711
 
DSCF0178
まだ警備の人がいるだけでしたが、神事の準備は整っているようです。
 
午前10時、熱田神宮の警備の人に護衛され、7人の神職と4人の巫女さんが、近くの斎館
から御田神社に向かって進んできました。
DSCF0017

DSCF0022

祭りを見に来ている人たちが見守る中で、御田神社前に整列し、いよいよ儀式の始まりです。
DSCF0023

静まり返った境内で、祭主の祝詞奏上(のりとそうじょう)の後、
DSCF0030

お祓いをし、
DSCF0040

 神前に御供え物を献上します。
 境内の横に置かれた長持ちの蓋を開け、中から次々と御供え物を取り出します。
DSCF0045

器に入った五穀類と思われます。
DSCF0047

生の鯛です。
DSCF0050

 海苔か昆布が巻かれたもののようです。
DSCF0053

野菜です。ダイコン、ニンジン、ゴボウ、キュウリなどがのせられています。
DSCF0055

そして、御供え物の最後に果物です。
DSCF0058
DSCF0061
お供え物が神様の前に並び終えました。

このあと、4人の巫女は神前に用意された榊を取り、舞をする態勢に並びます。
DSCF0074

陪従(べいじゅう)の歌う田歌に合わせて、緋袴(ひばかま)緋襷(ひだすき)に芙蓉(ふよう)の花に模した挿頭花(かざし)をつけた早乙女(巫子)の優雅な田舞が奏せられます。
 
田歌は人の声だけで、笛太鼓などの楽器の演奏はありません。
DSCF0083

始めは、稲の苗と榊を一つに結わえたものを持って舞いますが、
DSCF0084

途中で田植えを模してなのか、榊を地面に置きその周りで舞を続けます。
田歌の言葉と関係している舞をしていると思いますが、正しいことはよくわかりません。
 
田歌の歌詞の最初は
「若種うゑうよ 若種うゑうよ 乙女の手に手をとりて ひろろむとるとよ や~~れ や~れ や~~れ や~れ」
 
全部で4番まであります。
田舞の中の、種を撒くしぐさに見える舞です。
DSCF0092

しゃがみこんで、手で田を均(なら)すような動作にも見える舞です。
田の草取りをしている動作かも知れません?
DSCF0104
 
両手を広げて、空を仰ぐような動作もあります。
DSCF0114

 舞の動作には、それぞれ意味がありそうですが、解説が無いのでよくわかりませんでした。
DSCF0123
DSCF0125
DSCF0127

 そして舞いをしながら席に戻り、田舞が終わりました。
DSCF0129
 およそ7分間の田歌と田舞でした。

 地面に残された榊を片付け、
DSCF0139

神職が神前に並び、柏手を打って、
DSCF0148
 
ご祈祷をします。
DSCF0150

御供えしたものを、長持ちに戻し、
DSCF0154

神事は終了しました。 
DSCF0169

DSCF0172

時間にして30分ほど、五穀豊穣の行事は、形を変え様々な民俗芸能に取り入れられています。
まさにその原点とも云うべき神事であり、興味深く見ることができました。
 
神前に供えられていた、斎田に植えられる玉苗です。
DSCF0184
この苗には、神からのパワーが秘められています。

6月の第4日曜日に、大高の氷上姉子神社の斎田で行なわれるお田植え祭で、田んぼに植えられる早苗になるものです。