7月7日、七夕(たなばた)です。
笹に願い事などを書いた短冊を付けて飾るという、昔からの伝統行事です。

DSCN3790

でも、最近はあまり見かけなくなってしまいました。

しかも梅雨時の行事なので、なかなか晴天の空が望めないし、晴れていても空には数えるほどしか星が見えず、「天の川って何処にあるの」っていう世の中になってしまいました。

豊田市内でも、奥三河の山に行けば、空が暗くて天の川が見えますが、やつば池の散歩道からでは無理なことです。

七夕にちなみ「牛郎織女」という中国の神話伝説からの七夕説話を紹介します。

image001

こと座の1等星ベガは、七夕伝説では織姫星(織女星)として知られています。
織姫は天帝の娘で、機織(はたおり)の上手な働き者の娘でした。
夏彦星(彦星、牽牛星)は、わし座のアルタイルです。
夏彦もまた働き者であり、天帝は二人の結婚を認めた。
めでたく夫婦となった二人ですが、夫婦生活が楽しく、織姫は機を織らなくなり、夏彦は牛を追わなくなってしまいました。
このため天帝は怒り、二人を天の川を隔てて引き離しましたが、年に1度、7月7日だけ天帝は会うことをゆるしました。
天の川にどこからかやってきたカササギが橋を架けてくれ会うことができました。
しかし7月7日に雨が降ると天の川の水かさが増し、織姫は渡ることができず夏彦も彼女に会うことができません。
星の逢引(あいびき=デート)であることから、七夕には星あい(星合い、星合)という別名があります。
また、この日に降る雨は催涙雨とも呼ばれます。
催涙雨は織姫と夏彦が流す涙といわれています。

image06XB3I42
豊田市の今年の7日の夜空は、雨は止んでいますが曇り空でした。
涙が落ちてきていないので、雲の上では織姫と夏彦の二人が会っているのかな?