7月9日、台風8号が沖縄を通過し、向きを東に変えて九州に向かっています。
明日(7/10)の午前中には九州を横断して、四国から紀伊半島の南へ向かう予報がされています。

そんな時ですが、やつば池散歩道の背の低いヒマワリが花を咲かせてきました。
DSCN3854

2ヶ月前の5月11日に、やつば池クラブの人たちが種を蒔いて育てていたものです。
背丈が40~60センチとチビッ子ですが、花は大きくて30センチぐらいあります。
人間で言うなら三頭身って感じです。

まだ全体の1~2割ほどしか咲いていない状態なので、これから満開の頃が楽しみです。
DSCN3853

ところ・・・・
ヒマワリの花は、どれもみんな東の方を向いて咲いています。
散歩道から見ると、恥ずかしがって横向き又は後ろ姿しか見えません。
DSCN3856

DSCN3857
散歩道から見たものです。
DSCN3858

ヒマワリは漢字では「向日葵」と書きます。
まさに太陽に向かって咲く花というイメージがありますが、太陽に向かって向きを変えるのは、茎が柔らかいつぼみの状態までで、花が咲き出すと茎が固くなって日の出の方向で動かなくなってしまうそうです。
それがどうして東の方角なのかは、ヒマワリに聞いてみないとよくわかりません。

ただ、一番上のメインの花の向きは東向きですが、そのあとの脇から咲いてくれる花は四方に向いて咲いてくれるので、綺麗な花が楽しめそうです。
DSCN3860 (2)

台風が接近しているので、心配なのが背の高い花たちです。
別の花壇の3mも伸びたヒマワリと、
DSCN3862

1mほどまで伸びてきているコスモスが、
DSCN3864
台風の風で倒れてしまわないかと、気になります。
何とか台風8号が向きを変えて、強い風が吹かないことを願っています。