東海地方への接近が心配された台風8号でしたが、南寄りのコースを足早に通過して行き、7月11日の朝には、風もなく青空が広がっていました。

午前中に豊田市西山公園へ出かけてきました。

花時計のサルビアは、10日近く見ないうちにずいぶん花を咲かせてきていました。
DSCN3865

公園管理者の人たちが、雨上りの花壇の中で草取りをされています。
DSCN3866

公園内の四季の花園では、5月中旬に植え替えられた夏の花が見ごろになっています。
DSCN3871

特に目立ったのが色鮮やかな「ペンタス」という花です。
ペンタスのピンクと
DSCN3868

レッドと
DSCN3869

ローズの
DSCN3870
3色のペンタスが植えられています。

ペンタスは小さな花が固まって咲いています。
その花を近くで見ると、花の一つ一つが星形の五角形になっています。
DSCN3870 (2)

ペンタスという花の名前は、数字の「5」のギリシャ語から名付けられているそうです。

その他に、黄色が鮮やかな「ガイラルディア」という名前の花も鮮やかに咲いていました。
DSCN3876

ガイラルディアという名前は、フランス人の人の名前から付けられているので、覚えにくいですが、
キク科の花で、和名は、テンニンギク(天人菊)といいます。

DSCN3874

花の蜜が美味しいのか、モンシロチョウがこの花から離れませんでした。
DSCN3875 (2)

このほかにもベゴニアなどの暑い夏にも元気に咲く花が、
DSCN3873

四季の花園には、いろいろと咲いていました。