名古屋の地下鉄赤池駅から南西に1.5キロほどの所に、名古屋市農業センターがあります。

DSCN4037
春のしだれ梅がよく知られている所ですが、夏の農業センターには、涼しげな「緑のトンネル」があります。
7月12日の土曜日に、出かけてきました
DSCN4015

センター内のなごやか牧場・ミルク工房の横に、ヘチマやヒョウタン(瓢箪)やカボチャ(南瓜)などの、つるが伸びて育つ植物が植えられた「緑のトンネル」が作られていて、今の時期にはそれぞれの実がトンネルからぶら下がっています。

4つのトンネルがありますが、まず最初は「なが~い実のトンネル」です。
DSCN3999

トンネルの上から、いろんな長い実がぶら下がっていて、チョッと気持ちが悪い感じもします。
DSCN4005

今でも十分長いですが、まだまだこれから8月にかけてもっと長く育つものもあるようです。

「へびウリ」が、クニャクニャとぶら下がっています。
DSCN4002
ヘビは大嫌いですが、瓜(ウリ)なら大丈夫でした。

続いて、ヒョウタンのトンネルが2つ並んでいます。
DSCN4006

11品種のヒョウタンがあるようです。

冬季オリンピックで良く見ていたカーリングの石と同じ形のヒョウタンです。
DSCN4007
その名も、「カーリング」でした。

その他に、いろんな形のヒョウタンがぶら下がっている中で・・・
DSCN4026

子供の背丈よりも長く大きなヒョウタンがありました。
DSCN4023

このヒョウタンには、その名の通りの「大長瓢箪」という名前が付いていました。

少し離れて4つ目のトンネル、カボチャのトンネルがありました。
DSCN4029

オレンジ色が鮮やかで、UFO が飛んでいるようなカボチャは「ベレーボ」という名前でした。
DSCN4031

スーパーでも見かける形の美味しそうなカボチャもたくさん実っています。
DSCN4035
土曜日だったので、子供連れの家族が多く来ていて、トンネルから子供たちの歓声が聴こえていました。

このあと、ヒョウタンやヘチマの緑のトンネルを見ながら、ミルク工房で売られている農業センターの乳牛から搾った、ミルクたっぷりの特製のアイスクリームを食べながら、夏のひとときの涼しさを楽しんできました。