今年の夏花火の第4弾です。
8月16日(土)、お盆明けの花火大会が刈谷市でありました。
刈谷市総合運動公園で行なわれる夏祭り、「刈谷わんさか祭り2014」です。
刈谷市観光協会が主催する祭りで、平成2年(1990年)に刈谷市制40周年記念行事として開催されたのが始まりだそうです。
当日は午前中からいろいろなイベントが行われますが、夜の部のメインのイベントには、約7000発の花火が打ち上げられます。
花火の開始時刻は、今年からは午後7時になりました。
運動公園には夕方の6時20分ごろ着きましたが、大勢の人でにぎわっています。
DSCN4936

空いてる場所をさがして、レジャーシートを広げ、お弁当を食べているうちに、すっかり暗くなってきました。
DSCN4940

定刻の7時ちょうどに、いきなり大迫力のスターライトシンフォニーというオープニング仕掛け花火が、まだ少し明るさが残る夜空に打ち上げられました。
DSCN4951 (2)

その後も、運動公園の横を流れる逢妻川の堤防の2ヵ所から次々と打ち上げられる花火を楽しませてもらいました。
DSCN4972 (2)
DSCN4999 (2)
DSCN5002 (2)
DSCN4961 (2)

デンソーやアイシンなどの刈谷市に工場がある、トヨタグループ各社が提供する特大スターマインが5基も上がり、見ごたえ十分でした。
DSCN4988 (2)
DSCN4949 (2)

午後8時15分の音楽に合わせて打ち上げられるスターライトシンフォニーで最後を飾りました。
すぐ近くの目の前で、豪快なスターマインが見られる刈谷市の花火大会は、蒲郡や豊田やみよしの花火大会とはまた一味違ったすばらしい花火大会でした。