8月21日、豊田市は35℃を超える猛暑日が続きます。
雨が降って欲しい時には降らなくて、まとめてドッと降る意地悪な気象状況です。
それにしても、あんなに一ヶ所に降らなくてもいいのにと、広島市の集中豪雨による土砂災害の悲惨な状態を見ると大雨の時の水の恐ろしさを痛感します。
それもこれも、地球の温暖化による異常気象の現象なんでしょうか。

しばらく、やつば池の散歩道情報から離れていましたので、久しぶりのやつば池散歩道です。
背の低いヒマワリの花が咲いていた場所が整地され、耕されています。
DSCN5045

そこには、何かの花の種が撒かれているようです。
DSCN5049

この日照りの中での種まきは大変だったと思います。
何の芽が出てくるのか、楽しみです。

その横で、夏の暑さが大好きな、マツバボタンがピンクの花をいっぱい咲かせています。
DSCN5048

赤や黄色の花のポーチュラカも、マツバボタンに負けないように咲いていて、とてもきれいです。
DSCN5046

水道の設備が無いやつば池散歩道の夏の花壇の管理(水やり)は、ボランティアのやつば池クラブの人たちが、池の水をタンクに汲んで花に水をやっています。
DSCN4178

そんな中で、道路端のサツキの一部分は瀕死の状態です。
DSCN4171

花がいっぱい咲く楽しい遊歩道、やつば池散歩道に、市役所からの愛の手が届くことを期待しています。