豊田市小渡町(旭地区)の中心にある風鈴寺こと増福寺の境内で9月6日(土)の午後6時から、「夢竹灯籠と十五夜お月見会」が開かれました。
5405238414a37
小渡自治区で河畔林や小渡城址整備などを行う小渡山里愛護会の人たちが伐採した竹を利用して灯籠を作り、風鈴の音と竹灯籠の灯りで十五夜の名月を楽しむ夕べが5年前から実施されているそうです。(※今年の十五夜は9月8日です)

どんな行事なのか興味があったので出かけることにしました。
ところが、夕方からは雨が降るという予報でした。
午後3時ころでも空が明るくて天気予報が信じられませんでしたが、念のため少し早目に小渡町に出かけてみました。

まだ明るい午後5時半ごろに小渡町の駐車場に着きました。
夏の行事の「夢かけ風鈴」で訪ねた風鈴寺(増福寺)には、たくさんの竹筒が並べられていました。
DSCN5801

本堂までの階段にも並べられています。
竹灯籠は全部で1200本も並べられているそうです。
DSCN5803
すでに竹筒の竹灯籠にはローソクの灯りが点いていましたが、まだ周囲が明るいので灯籠という景観ではありません。
DSCN5804
DSCN5814

本堂前にも竹灯籠が飾り付けられています。
DSCN5822

DSCN5824

参加者の先着100名に配られる「お月見だんご」です。
DSCN5825

5時50分ごろには、だんだんと暗くなってきました。
DSCN5831

ローソクの灯りがきれいに見えるようになってきました。
DSCN5830

ハート形の切り口がオシャレです。
DSCN5834

良い景観になってきたとこで、憎らしくも空からポツポツと雨粒が落ちてきました。
DSCN5846

天気予報が当たって、6時頃には雨がだんだんと強くなってきました。
DSCN5848

縦型の竹灯籠なので、雨が降ったら最悪です。
行事関係者には申し訳なかったですが、雨が強くなってきたので早めに引き上げることにしました。
当然ですが、もう一つの楽しみの十五夜のお月見も、今年は出来ない日になってしまいました。
来年こそは良い天気の下で行なわれるようにと願いたいものです。