9月も中旬に入り、さすがに昼間でも30℃を超えるような猛暑日が少なくなってきました。
それでも今日は太陽が燦々と照りつけ、久しぶりに30℃を超える暑い日になりました。
こんな暑い夏の日照りを乗り越えて、やつば池散歩道に咲く花たちです。
DSCN6066


特に今は百日草(ヒャクニチソウ)が色鮮やかに咲いています。
DSCN6068

八重咲きなので花が大きくてボリュームがあります。
DSCN6067
DSCN6070
蜜を求めて、蝶々が止まっていました。
DSCN6073

昨年に咲いた花の種がこぼれて、春から芽を出し、早くから咲いていたコスモス(秋桜)ですが、やっぱりコスモスの花は秋の季節が似合います。
DSCN6075

DSCN6086

夏の初めごろに刺し芽をした、マツバボタンとポーチュラカが大きく伸びて、たくさんの花を咲かせています。
DSCN6058

コスモスとの競演が楽しみです。
DSCN6060

日照りにも強くて、まさに夏の花です。
DSCN6063
DSCN6064

土手には雑草が生えていますが、雑草にも負けずに頑張っています。
DSCN6062

ただ残念なのは、マツバボタンの花は朝寝坊なので、朝早い散歩の時にはまだつぼみの状態で太陽が出てこないと花が開きません。
さらに夕方には花が閉じてしまう一日花です。

こうした散歩道の花を見て楽しめるのも、ボランティア活動の「やつば池クラブ」の人たちのお世話のおかげです。