9月27日と28日に行われた、とよた都市緑化フェア2014の「まちなかウォーク」に参加してきました。
”楽しく歩いて、緑化を感じよう”というキャッチフレーズです。
名鉄豊田市駅前ロータリーには緑化フェアの看板と熊の形をした植え木が並んでいました。
DSCN6903


このような樹木を「トピアリー」というそうです。
DSCN6904
「トピアリー」とは、あまり聞かない言葉ですが、樹木や低木を刈り込んで動物をかたどっ たり、立体的な幾何学模様を造ることを言います。言い換えれば「樹木アート」のことです。
まちなかウォークのコースにはスタンプラリーが有ったので、スタートの参合館前からゴールのエコフルタウンまで、スタンプを押しながら歩いてきました。

スタート地点の参合館前には、歩道の上に樹木が植えられた特設緑化展示がありました。
DSCN6910
イベントが終わっても片付けるがもったいないくらいの素晴らしいものです。

少し進むと歩道の上に、きれいな花壇がありました。
DSCN6911

まちなかガーデン「爽秋の街かど」と説明がされていました。
DSCN6913
さわやかな秋の色合いがデザインされた花壇です。
さらに駅前のストリートを進むと・・・

DSCN6918

2つ目のまちなかガーデン「テラスガーデン」がありました。
DSCN6920
高さの違う木製花壇の中に秋の草花がモザイク模様に植えてあります。

さらに進み、喜多町ポケットパークという所にスタンプが置かれており、ここにもコアラの刈り込みがされた木(トピアリー)がありました。
DSCN6926

ここで右折して、とよたエコフルタウンに向かいます。

途中に、お城の石垣が残る公園があり、
DSCN6929

この場所にもトピアリーが有り、スタンプポイントになっていました。
DSCN6930

国道153号線を横切りしばらくで、ゴール地点のとよたエコフルタウンに到着です。
DSCN7001

キリンやウサギ等の刈り込み(トピアリー)がたくさん並んでいました。
DSCN6998

ここでスタンプラリーをゴールして景品を受け取りました。

とよたエコフルタウンの中の広場では、この日2回目の「それいけ!アンパンマンショー」が始まったところでした。
DSCN6970

子供に大人気のアンパンマン、悪者のバイキンマンをやっつけます。
DSCN6957

みんなで喜びのポーズです。
DSCN6975

一つのものがたりが終わった後で握手会があり、長い列が出来ました。
DSCN6989

ショーを演じた皆さんは、暑い中で大変だと思います。ご苦労さんでした。

この後、大型緑化展示の巨大フラワータワーがあるという豊田スタジアムへ行きました。DSCN7007
スタジアムでは、とよた産業フェスタが開催されていて、大変な賑わいでした。
DSCN7021

DSCN7025

その会場の中に動物の形の刈り込み(トピアリー)に囲まれた高さが5メートルのフラワータワーが有りました。
DSCN7040
DSCN7041

緑が多くて、フラワータワーというには鮮やかさに欠けてチョッと寂しく感じましたが、こんなの作るのは大変だろうと思いながら、あまり注目をされていない花のタワーを見て家に帰りました。

このフラワータワーはまだしばらくの間、この場所に展示されているようです。