昨日の豊田スタジアムに続いて、豊田市内のコスモス情報です。
10月4日(土)、逢妻女川と東名高速道路が交差する豊田市千足町の休耕田で、黄色のコスモスが見ごろになっていました。
DSCN7156

コスモス畑には、こんな看板がありました。
DSCN7153
千足環境保全協議会が行なっている農村環境向上活動と書かれています。

地元の情報が無いので詳しいことはわかりませんが、毎年この場所には黄色系(オレンジ色)のコスモスと普通に見かけるの桃色系(ピンク色)のコスモスの2種類のコスモスが育てられています。

豊田スタジアムのコスモスに比べると背丈が低いので、夏ごろに種蒔きをしたものと思われます。
DSCN7158

ちょうど今が満開で、とっても綺麗です。
DSCN7161

コスモスはいずれも外国が原産の花ですが、ピンク系のコスモスは江戸時代末期から明治時代にかけて日本で多く広まっていますが、黄花(キバナ)コスモスという背丈の低い黄色系のコスモスは、大正時代に日本に伝わってきたそうです。
DSCN7157

DSCN7177

台風18号の接近でコスモスが倒れてしまわないか気になります。
あまり強い風が吹かないことを祈っています。