台風19号の接近が気になる中で、秋のお祭りが各地で始まっています。
豊田市内では、今週の土日(10月11日、12日)に、猿投まつりと足助まつりが行なわれています。
土曜日が試楽祭、日曜が本楽祭です。
10月11日の午後、足助まつりに出かけてきました。
DSCN7558

足助まつりは、足助八幡宮(白鳳2年創建)のお祭りです。 文正元年(1466年)再建の本殿は国の重要文化財に指定されています。
DSCN7563

DSCN7566

DSCN7560

江戸時代の中期以前より、現在に近いの形のお祭りが行われていたようです。
足助の4つの町内(西町、新町、本町、田町)の4台の山車が有り、土曜の試楽祭では、山車が組み立てられて町内を曳きまわします。

足助の町並みを歩いて行ったら、運良く2台の山車が引き回しの途中の休憩しているところに遭遇しました。
DSCN7554

西町の山車です。
DSCN7553

DSCN7551

そして新町の山車です。
DSCN7596

DSCN7602

足助の山車の前面には出役棚という舞台があり、ここに3人の若者が乗って、山車の曳行中には踊りやかけ声で囃すのが特長です。
新町の山車で、ちょうどその踊りを披露してくれていました。
DSCN7600

明日の本楽祭では、4台の山車が宮入します。八幡宮に入ると境内を一周して、梵天の取り合い、鉄砲隊の発砲などが行われます。
迫力満点の火縄銃による鉄砲隊で、一見の価値があるようです。

明日は台風による天候が心配です。
DSCN7603
DSCN7604
DSCN7605

本楽祭が何とか夕方まで雨風にならないで楽しくお祭りが出来るようにと願いながら足助の町を後にして帰りました。

足助といえば紅葉の香嵐渓ですが・・・
DSCN7582
まだ1ヶ月以上前なので、緑のカエデの葉っぱでしたが、散策する人もたくさんいて賑わっていました。