豊田市の秋祭りの第3弾。
10月18日、19日の2日間、挙母(ころも)神社の例大祭、挙母まつりが始まりました。
DSCN7874

今日18日の試楽では、県の有形民俗文化財に指定されている8輛の山車による町内曳きが行なわれました。
町内曳きは、樹木地区の三町曳きと下町地区の五町曳きの2つの地区に分かれて行なわれます。
豊田市駅前周辺で五町曳きが行なわれる下町地区のお祭りの様子を見に午後1時過ぎから出かけてみました。
午前中に各町内を曳きまわしてきた5輛の山車が駅前通りに並んでいました。
DSCN7820
列の後ろから
西町
DSCN7822

竹生(たきょう)町
DSCN7823

中町
DSCN7824

神明町
DSCN7825

喜多町の順に並んでいました。
DSCN7826

写真を撮りながら先頭の喜多町の山車まできたところで、五町曳きがスタートしました。
先頭は喜多町です。
DSCN7827
DSCN7829

1輛ずつ間隔を空けて曳き出して、駅前の交差点で勢いよく左に曲がり、そこから細い道を町の中へ進んで行きます。
DSCN7831
曲がるところで、山車からは激しく紙吹雪がまかれます。
DSCN7832
赤と黄色の2色の紙吹雪です。
DSCN7833

続いて神明町です。
DSCN7836
紙吹雪無しで通過して行きました。
DSCN7839

3番目が中町です。
DSCN7845
ピンクの紙吹雪が風に舞います。
DSCN7849

竹生町です。
DSCN7855
紅白の紙吹雪です。
DSCN7859

そして最後に西町です。
DSCN7865

真っ白な紙吹雪です。
DSCN7869
細かく切った白い紙吹雪が綺麗です。
DSCN7870


5輛の山車が去ったあとの駅前の道路には、色とりどりの紙吹雪がアスファルトが見えないくらい積もりました。
DSCN7873
子供達は大喜びでその紙吹雪を集めて袋に入れていました。
その様子をよく見ていたら、清掃活動として紙吹雪を集めている奉仕活動をしているようでした。

挙母まつりは三河地区でも三大まつりに数えられるお祭りで、起源は古く江戸時代後期から明治初期に今の形になったと言われ、挙母城下の町人の心意気が今に伝えられています。
明日は本楽祭です。午前中に8輛の山車が挙母神社前に並び、境内に曳きこまれます。
明日のブログでその様子をお伝えしたいと思います。