10月31日は、ハロウィンです。
日進市にある愛知牧場では、ハロウィンイベントが行なわれていて、飾り付けがされていました。
DSCF0087
DSCF0001

ハロウィン(又はハロウィーン) とは、カトリックの諸聖人の休日 ( 11月1日 ) の前夜である10月31日に行われるお祭りのことです。
もともとは、ヨーロッパを起源とする民族行事で、秋の収穫を祝い、悪霊などを追い出す宗教的な意味合いのある行事でしたが、今は宗教的意味合いは薄れてきているようです。

諸聖人の休日を万聖節とも呼ばれ、キリスト教では全ての聖人と殉教者を記念する日とされています。
万聖節を英語では「All Saints' Day」といい、日本のお盆のようなもので、死者の霊が親族を訪れると考えられています。

ハロウィン( Halloween )の語源は、諸聖人の日の英語での旧称All Hallowsのeve(前の夜)Hallows eveが訛って、Halloweenと呼ばれるようになったとされています。

簡単に言うと、クリスマスイブと同じような感じです。

現在は宗教的意味合いはあまりなく、カボチャをくり抜いてお化けの顔にしたジャック・オー・ランタン ( Jack-o'-lantern )を飾り、お化けなどに仮装した子供達が「Trick or treat! トリックオアトリート(お菓子をくれなきゃ、いたずらしちゃうよ)」と言って家々を巡るお祭りとなっているようです。

ジャック・オー・ランタン ( Jack O' Lantern ) とは、
DSCF0007
オレンジ色のカボチャをくり抜いて刻み目を入れ、内側にロウソクを立てて灯した提灯 ( ちょうちん )
のことです。
ハロウィンのシンボルとして有名です。
お化けカボチャカボチャ提灯と呼ばれ、悪い霊を追い払うためにハロウィンの晩に家の戸口の上り段に置くそうです。

この提灯を作る風習はもともとイギリス地方で始まったそうですが、最初はカブ(蕪)の中身をくり抜いて提灯にしていました。
なぜカボチャを使うのかというと、カボチャになったのはハロウィンがアメリカに渡ってからで、理由は、アメリカではカボチャがたくさん有ったからだそうです。
DSCF0003

DSCF0086
カボチャにはお守りの意味があるそうです。
ハロウィンの日は死霊達が集まってきますが、カボチャの提灯は霊達から守ってくれる番犬のような役割を持っているそうです。
また、カボチャにともすロウソクは、日本のお盆と同じで親族の霊がを迎え入れる為の目印だそうです。
アメリカではハロウィンの夜に仮装した子供たちが玄関や窓を叩いて「Trick or Treat!」といってお菓子をねだります。
これはアメリカで生まれた習慣らしいのですが、ハッキリとした起源はわかっていません。
仮説の一つに、言葉遊びの一種で発音の似た「 トリック ( いたずら ) 」と「 トリート ( お菓子 ) 」という言葉でゴロを合わせたのが始まりと考えられています。

愛知牧場には、ジャンボカボチャの重さ当てコーナーがありました。
DSCF0088

持ち上げずに、見ただけで重さを当てるものです。
DSCF0089
まったく見当がつかなかったけれど、投票しておきました。

仏教の風習が主に育った団塊の世代の私には物珍しいことばかりですが、お祭り好きな日本人の欧米のお祭りを取り入れた新しい風習です。
何とか時代に乗り遅れないように、ハロウィンの催しにも馴染んでいきたいと思う昨今です。