昨日11月5日の夜のお月さんは、今年3度目のお月見の名月でした。
日本の風習では、旧暦8月15日の「十五夜(中秋の名月)」と、旧暦9月13日の「十三夜」は名月と言われており、それを見ることを「お月見」と言います。
「お月見」は通常は年に2回しかありません。
けれども、今年は江戸時代以降171年ぶりに珍しいことが起きています。
旧暦の9月が2回あり、そのため「十三夜」の旧暦の9月13日も2回あります。
ということで、3度目の「お月見」が出現したのです。

3度目のお月見のことを、後(のち)の十三夜と言い、この日の月を「ミラクルムーン」と言うそうです。

その171年ぶりの名月、ミラクルムーンが豊田市の空に姿を現しました。
DSCN8527

今年2度目の十三夜の月、「後の十三夜」と呼ばれる名月です。
DSCN8515

DSCN8520

後の十三夜になったその理由は以下になります。
旧暦では1年の日数は約354日でしたが、太陽の1年はご存知の通り365日です。(11日少ないんです)
そのため旧暦を使っていた時代には「閏月(うるうづき)」を、約3年に1度挿入することで、季節のズレを調節していました。

その旧暦のカウントでいくと、今年は「閏月」がある年となり、9月の後に閏(うるう)9月が入っています。
そうなると1年に2回、9月13日が出現することになるのですが、9月13日は「十三夜」の日です。
この2回目の十三夜のことを「後の十三夜」と言います。
お月見が3回できるのはこの閏9月がある年だけです。

前回、閏9月が挿入されたのは171年前の1843年でした。
1843年というと、天保14年。江戸時代で、黒船来航の10年前です。
旧暦は複雑で、3年ごとの閏月は、不定期で次に閏9月が何年後になるのかは、暦を作る人が決めるようです。