12月3日、この冬一番の冷え込みになり、我が家の玄関横の温度計が氷点下1℃になっていて、水たまりには薄氷が張っていました。

6時半からの朝散歩で、キューピーの工場まで来たところで東の空を見ると、日の出前の太陽の光が真上に伸びて光っているのが見えました。
6時45分の豊田市から見た東の山並です。
DSCN9742

6時53分、光が明るくなってきて
DSCN9750

6時56分、日の出の直前です。
DSCN9759

その後すぐに太陽が山並から顔を出しました。

規模の小さいものでしたが、風のない寒い朝に見られる大気光学現象の太陽柱です。
寒さに負けずに朝散歩に出かけたおかげで、きれいな光景の日の出を見られました。