12月30日、毎年の年末恒例の兄弟ファミリーが集まって、実家(名古屋市緑区大高町)での餅つきを行なう日です。

庭先で行なうので天気が心配でしたが、幸いにも風も無く好天に恵まれました。

餅つきは準備が大変です。
先祖代々使われてきた「石うす」と手返し用の水入れと杵(きね)が準備万端でした。
DSCN0737

薪を焚いて御釜のお湯を沸騰させ、その上に蒸篭(せいろ)を乗せて餅米を蒸します。
DSCN0731

上の段からも蒸気が吹き出て、下の段の餅米が蒸しあがりました。

熱い蒸篭を素早く石うすに運んで、蒸したお米を投入します。
いきなり搗(つ)くと、米粒が飛び散るので、まずは杵でこねて、ある程度コメがつぶれて粘り気が出るまでしっかりとこねます。
DSCN0744

充分にこねたら、臼の真ん中にまとめて、いよいよ餅つきの開始です。
DSCN0746

突き手と手返しの呼吸を合わせて、「ペッタン!ペッタン!」
DSCN0748

ある程度搗きあがったら、臼の中で餅を裏返して、もう少し搗きます。
DSCN0753

お餅が搗きあがりました。
DSCN0757

名古屋地方は切り餅にして食べるので、板の上に餅とり粉を敷いてその上に搗きたての餅をのせて、棒で平らに伸ばします。
DSCN0760

厚さはその家庭の好みに合わせて伸ばしますが、市販の切り餅よりはチョッと厚めです。
DSCN0761

各ファミリーの個性が出た伸し餅が並びました。
DSCN0794

この状態で、餅がある程度の固さになるまで待ちます。

そんなこんなしていると、昼時が近づきました。
最後の餅は、搗き立てをお昼ご飯にいただくものです。
DSCN0763
搗き手を交代しながらみんなでワイワイ、餅が搗きあがりました。

テーブルに搗きたての餅と、「餡子(あんこ)」と「きな粉」に「大根おろし」が並びました。
DSCN0792

みんな集まって、テーブルを囲んでお食事タイムの始まりです。
DSCN0796

どれだけ食べたかは、おなかの満足度で判断して、もういいというまで手を伸ばして、おなか一杯になるまでいただきました。(少々食べすぎの感ありです)

休憩して、そろそろ餅を切る時間がきました。
包丁に餅がくっついて切りにくい時は、包丁の刃に大根を添わせて濡らすと切りやすいというノウハウを先輩たちから受け継いでいます。
DSCN0800

切り餅の大きさも各家庭の好みに合わせて切ります。
DSCN0803

こうして、正月用の餅が完成しました。

みんなで餅つきの道具などを後片付けをして、今年の餅つきは無事に終わりました。