ブログの名前は「やつば池散歩道」でも、なかなかやつば池の情報がありませんが、今年初めて、やつば池の風景を写そうと、11日の日曜日の午前中にデジカメを持って出かけてきました。
風も無くあたたかさを感じる散歩道でしたが、冬の散歩道は歩く人も少なくひっそりとしていました。
DSCN1211
木の杭を立ててロープが張られた柵の一部が木の根元が朽ちて倒れ傾いていました。
この柵は予算が無くて一時的に仮の柵として応急で作ったもので、もうすぐ丈夫な柵に変更される工事が計画されているそうです。

傾いた柵を見ていたら、柵の中の小枝にチョコンと止まっている1羽の小鳥がいました。
DSCN1212
頭の部分が薄い黒色で腹がオレンジ色をしているので野鳥図鑑で調べたら「ジョウビタキ」のオスのようです。
DSCN1213

日本では冬の時期に見られる渡り鳥だそうです。
DSCN1214 (2)
遠い所からようこそ、やつば池へ来てくれました!

他にも何かいないかなぁと探していたら・・・・・見つけました!
DSCN1227

今年初めてのカワセミです。
DSCN1223

キョロキョロと池の中の小魚を狙っているようです。
DSCN1228

何時見ても綺麗なカワセミです。
DSCN1229 (2)
でも、ひと気には敏感で、近づくとサッと移動して行ってしまいます。

さらに池の周りを廻って行くと、今までに見たことのない姿の鳥が水辺の石の上で日向ぼっこをしていました。
DSCN1202

少し近づいても、ジーと動かずにいました。
DSCN1203 (2)
野鳥図鑑で調べてみましたが、写真と同じものが見つかりません。
カモの種類のようにも見えますが、決定できる名前が分かりません。
もう少し資料を探して調べてみたいと思います。

この他、マガモやカルガモが池には群れをなして泳いでいます。
久しぶりのやつば池散歩道のバードウオッチングでした。