東海市で1月24日、25日に行なわれている「東海フラワーショウ2015」を、24日に見てきました。
omote01

東海市役所の駐車場から会場の東海市民体育館まで、無料シャトルバスが運行されています。
DSCN1553

シャトルバスが到着したフラワーショウ会場の入り口です。
DSCN1494

東海市は洋ランの「シンビジウム」や「デンドロビウム」などの栽培が盛んに行われています。
DSCN1544

東海市の花の生産をPRするイベントでもあり、入場無料で行なわれています。
DSCN1517

会場の中央に飾られた「メインブース」です。
DSCN1514

メインブースを囲むように、色とりどりの花が飾り付けられています。
DSCN1501

豪華な「コチョウラン」の噴水です。
DSCN1520

小さな黄色の花がいっぱい咲いて「オンシジウム」が会場をパッと明るくしています。
DSCN1508

ランの王様「カトレア」です。
DSCN1524

カラフルな「シンビジウム」
DSCN1507

伸びた茎に花をいっぱい咲かせる「デンドロビウム」
DSCN1525

白色以外にも黄色や紫色の「コチョウラン」が並んでいます。
DSCN1515

フラワーコンテストも行われていて、入賞作品が並んでいます。
DSCN1539

グランプリの最優秀賞です。
DSCN1537

準グランプリの優秀賞です。
DSCN1538

メインブースの飾り付けの裏側です。
DSCN1526
裏側でも見事な花の飾り付けです。

その他にも、色々な流派の生け花の展示や押し花の作品の展示などもありました。
そんな会場内で、鉢植えの即売場には市価よりもお値打ちな花を買い求める人で賑わっていました。

この日は名鉄ハイキングのコースにもなっていて、リュックを背負った健脚の人たちで会場が賑わっていました。