梅まつりが行なわれている平芝公園から数百メートルしか離れていないところに豊田市西山公園があります。
その西山公園にも木の数は30~40本程度と少ないですが「梅園」があり綺麗な梅の花が咲いています。
DSCN8841
3月12日の午後の開花状況です。
紅梅に白梅そして枝垂れ梅と、今が見ごろと咲き誇っています。
DSCN8852

その中に、一本の木から紅色と白色の花が咲く「思いのまま」という名付けられた品種の梅の木が数本ありました。
DSCN8851

挿し木をしたり接ぎ木をしたりしてないのに、こうして二つの色の花が思いのままに咲いています。
DSCN8850

平芝公園にもこの品種の梅が植えられていましたが、こちらの西山公園の方が先に咲いていました。
DSCN8847

すぐ近くに梅の花の名所があって、梅の花だけを見に西山公園に来る人は少ないようですが、公園内を散策していると早咲きの桜を見ることができます。
伊豆半島ではもう満開になっている「河津桜(かわづざくら)」が咲き始めていました。
DSCN8832

やや濃いピンク色の桜です。
DSCN8834

他ではあまり見かけない「春めき」という名前の桜です。
DSCN8837
春めき桜は、神奈川県南足柄市内の農家などで、彼岸の頃に咲いていた桜の枝から育成し、平成12年(2000年)3月に品種登録された、比較的新しい桜です。
カンヒザクラ(寒緋桜)とシナミザクラの交配種の一つとされており、足柄桜と呼ばれたこともあります。
DSCN8839

昨日(11日)は、名古屋市内で3センチの積雪を記録し、28年ぶりの3月の積雪だったそうです。
豊田市でも雪景色になり朝起きてビックリしましたが、あと一週間後の18日は春の彼岸の入りになります。
暑さ寒さも彼岸まで・・・公園の花たちが季節の変化をしっかりと教えてくれています。