三重県桑名市長島町の木曽川と揖斐・長良川の輪中の地で昭和38年(1963年)8月に、天然ガス探査中に約60℃の温泉が湧出しました。

その豊富な温泉を利用して長島観光開発(株)が設立され、翌年の昭和39年11月にレジャーセンターの「グランスパー長島温泉」が営業を開始してから、50年が経過しました。

ナガシマリゾート施設の一つで17年前に開業した「なばなの里」では、ナガシマリゾート開業50周年ならではの大スケールで、世界一美しいイルミネーションをお客様に見ていただきたいということで、数ある世界の絶景の中から今回のテーマ「ナイアガラの滝」を選んだ「ウインターイルミネーション」が昨年暮れから4ヶ月を超えるのロングランで開催されています。

そのイルミネーションも、あと一週間後の3月末で終わってしまうということなので、北風が寒い日でしたが、3月25日に出かけて見てきました。

なばなの里の入り口の飾り付けです。
DSCN9534

暗くなるまで少し時間が有ったので、温室で暖かい「ベゴニアガーデン」できれいな花を見て楽しみながら時間を過ごしました。
DSCN9548
DSCN9577
花に囲まれた中でゆっくりとコーヒーが楽しめます。
DSCN9581

暗くなって温室から外に出ると、河津桜がライトアップで浮かび上がり鮮やかでした。
DSCN9587

ウインターイルミネーションの入り口にある 200 m の光のトンネルを抜けると
DSCN9590

高さ 約 20 m・横幅 約 120 mという 超巨大スケールのイルミネーションのナイアガラの滝が現われました。
滝に虹が架かったり、
DSCN9592

滝に日が当たって色が変わったり、
DSCN9594

水しぶきが飛び散ったりといろいろと姿を変えていきます。
DSCN9617

滝が消えて、オーロラが姿を現したり、
DSCN9619

花火が上がったりと
DSCN9620
8分間で8つのシーンが表現されていき、その美しさとスケールの大きさに圧倒されました。

ナイアガラの滝のイルミネーションを見ての園内の帰り道にも、もう一つ光のトンネルがあり、見飽きないように工夫されています。
DSCN9623

なばなの里の中央部の池には光の川のイルミネーションがきれいな光の帯を演出していました。
DSCN9627

あと一週間で終わってしまう「ウインターイルミネーション」なので、今度の休日には大変な賑わいになりそうです。
車で1時間ほどで行けるところで、こんなに素晴らしい世界一のイルミネーションが見られるので、ナガシマリゾートのこの企画には嬉しい限りです。
また来シーズンにはどんなイルミネーションを見せてくれるのかが楽しみです。