4月18日土曜日、愛知県知多郡東浦町で「第22回 於大まつり」が行なわれました。

DSCN0852

東浦町は江戸幕府を開いた戦国武将、徳川家康の母「於大(おだい)の方」の生誕地です。
まつりの会場になる明徳川の堤防「於大のみち」に咲く八重桜が満開にになっていました。
DSCN0829DSCN0855

その「於大のみち」を、かわいい姫と、手づくり鎧(よろい)を身にまとった武将が行列して、近くの於大公園まで進んで行きます。
DSCF0081
DSCN0856

行列の先頭です。満開の八重桜の下を踊りながら進んで行きます。
DSCF0086

この祭りの主人公の於大姫が続きます。
DSCF0093
さらにその後ろに、可愛いお姫様たちが続きます。
DSCF0094

長い行列のその後を、よろい姿の武将隊が進んで行きます。
DSCF0104

於大の夫の岡崎城主・松平広忠や徳川家康の姿もありました。
DSCF0099

行列が到着した於大公園のステージでは、いろいろなイベントが行なわれていました。
DSCN0881

よろい姿の武将が集まって・・・
DSCN0876

ステージと観客が一緒になって「エイエイ オー!」
DSCN0882

愛知県知事もステージに登場して、祭りのマスコット「おだいちゃん」と一緒に挨拶をされていました。
DSCN0888

公園の広場に置かれていた「於大の方」と「竹千代(家康の幼名)」の張りぼて人形です。
DSCN0869

いろいろな店が出ていて通路も大混雑です。
DSCN0865

東浦町には、戦国時代の桶狭間の戦いの6年前、織田信長が19才の時に、三河の今川軍と尾張の織田軍の戦いがあった古戦場の村木砦跡があります。
その史跡などを紹介している「東浦ふるさとガイド協会」のコーナーもありました。
DSCN0890

この日は最高気温が23℃と好天気になり、於大まつりは最高の祭り日和に恵まれ、盛大に行われていました。