我が家の狭い敷地の片隅に鳥が運んできた種から発芽したモミジ(カエデ)がありました。
小さなうちに植木鉢に移植して育てていましたが、4~5年ほど過ぎて背丈が2メートルほどになってきました。
そのモミジの樹を先日、やつば池散歩道に植えられている四季桜の樹の横に植えさせてもらいました。
DSCN2475

四季桜の樹は、今の季節は緑の葉っぱが茂っていますが、秋になると葉が散って綺麗な花を咲かせます。
四季桜が咲く頃に、モミジが紅葉してくれるのを期待して植えました。
DSCN2477

いざ穴を掘って見ると、固い赤土と砂利石が埋められた最悪の土壌の場所でした。
DSCN2478

何とか30センチほどの深さの穴を掘っところに、堆肥を混ぜて植えてやりました。

夏の日照りの時期を無事に乗り切って根付いてくれるかどうか心配です。
散歩でモミジの横を通るたびに、元気に育てよってエールを送っています。
何とか順調に育って、数年後の秋には、四季桜のピンクとモミジの紅葉が並んで見られるのを夢見ています。