6月6日は二十四節気の芒種(ぼうしゅ)です。
芒(のぎ=禾)のある穀物(稲など穂の出る穀物)の種をまく季節ということから、芒種と言われています。(実際の種まきは、これよりも早い時季に行なわれています)

6月6日と7日の2日間、豊明市にある国史跡「桶狭間古戦場伝説地」で、桶狭間古戦場まつりが行われます。
DSCN3000

6日 (土) は、桶狭間の戦いで戦死した多くの兵士の供養祭や、今川義元公の墓前祭などが行なわれ、7日 (日) には、にぎやかに武者行列や桶狭間の合戦再現劇などメインのイベントが行なわれます。

6日の11時から古戦場伝説地にある今川義元公のお墓の前で行なわれた墓前祭の様子を見てきました。
DSCN2979

史跡に建つ石柱です。
DSCN2981

昭和12年に国指定史跡になったことを説明する豊明市教育委員会が立てた案内板です。
DSCN2982

古戦場内にあるいろいろな石碑の説明板も有りました。
DSCN2991

その石碑の中に、今川義元公のお墓が有り、その前で多くの人が集まって儀式が行われました。
DSCN2986

11時からおよそ30分間、僧侶の読経や御焼香が行なわれました。
DSCN2987

この後、隣の場所にある高徳院の本堂でも今川義元公の霊前祭がおこなわれるようですが、ここまでの儀式を見て、近くの有松で行なわれている絞りまつりの方に向かいました。