6月10日は「時の記念日」です。
天智天皇が西暦671年4月25日(太陽暦の6月10日)に、水時計を使って時間を測ったとの言い伝えから、大正9年(1920年)に、東京天文台と生活改善同盟会がこの日を時の記念日と決め、時間を大切にと全国行事になりました。

そんな日に、やつば池散歩道でやつば池クラブの人たちが集まって何か設置されていました。
案内板の裏側に立てられたパイプの上に丸いものがのっています。
まだカバーがされていましたが「時計・工事中」と書かれています。
DSCN3216

やつば池クラブのメンバーの中で、工作の得意な人が手づくりで作られた時計塔だそうです。
DSCN3221

ビニールカバーの中がどんなふうになっているのかが気になりますが・・・
DSCN3218

やつば池クラブの人の話では、今度の日曜日(6月14日)にみんなが集まって完成式をするのだそうです。
DSCN3220

また後日、日曜日以降のブログで紹介したいと思います。