6月13日 (土) の午後6時半から 、豊田市猿投北交流館とその近くの籠川の堤防で「ほたるまつり」が行われました。
DSCN3309

ホタルを見るのを楽しみに浴衣姿の子供達も集まってきています。
DSCN3290 (2)

交流館の中には、地元の人たちによるホタルの保護活動を紹介するパネルもありました。
DSCN3289
DSCN3292

また、多目的ホールでは地元の高齢者グループの友笑クラブ(加納町老人会)の人たちによるホタルのお話がありました。
パソコンの使って、大きな画面を幕に映して、子供たちに分かりやすくホタルの保護活動について説明されました。
DSCN3295

ホタルはカワニナという貝を食べて育つため、カワニナが育つような環境づくりを行なってきました。
DSCN3298

昨年の暮れごろに川をきれいにするために、EM菌を土に混ぜたダンゴを作って川に投げ込む活動など、ホタルが元気に育つようにといろいろな取り組みを行なってきたそうです。
DSCN3301

DSCN3304

ホタルの話が終わり、うちわをもらっていよいよホタル観賞です。
DSCN3308

7時50分ごろからホタルウォーキングがはじまりました。
ホタルの飛ぶ姿が見られる籠川を経由する道路にはローソクの行灯が並べられています。
DSCN3313

交流館から200~300mほどで川の堤防に到着しました。
DSCN3314 (2)

ホタルの姿を写真では写せませんでしたが、ホタル鑑賞には十分なホタルの飛ぶ様子が見られました。
DSCN3315 (2)

毎年見ている人からは、今年は昨年よりもたくさん飛んでいるよ!っていう話でした。
まだしばらくの期間、この場所でホタル(ゲンジボタル)が見られます。
豊田市の市街地から車で20分ほどの、猿投山から流れる籠川と加納川の2つの川が合流する地点です。
ぜひ出かけてみてください。