今年も半年が過ぎ、7月に入りました。
7月のことを別の呼び方で文月(ふみづき・ふづき)とも言います。
この月には七夕があり、短冊に歌や願い事の文字を書いて、書道の上達を祈った行事に因んだ「文披月(ふみひらきづき)」が転じたものといわれています。
   image06XB3I42
またこの他に、旧暦の7月には、稲穂が見えるようになる頃であることから「穂見月(ほみづき)」が転じたという説もあります。

新暦の7月は梅雨のど真ん中。今日も朝から雨が降っていて朝の散歩はお休みでした。

午後には雨が止んだので、やつば池散歩道に出かけてきました。
DSCN3514
やつば池の案内板の下に ”風鈴” が吊り下げられていて、風に揺れています。

DSCN3515

「チリ~ン!チリ~ン!」と涼しげな風鈴の音が、やつば池散歩道を散歩する人に心地よく聴こえています。
この風鈴は、豊田市旭地区の小渡町の「夢かけ風鈴」のイベントで知られる風鈴寺(増福寺)で御祈祷したものだそうです。
ちなみに旭観光協会の情報では、今年の「夢かけ風鈴まつり」は7月11日から8月31日まで行なわれます。