第47回 東海ハムの祭典が、7月12日 (日) 愛知県日進市の日進市民会館で行なわれました。
DSCN3961
DSCN3954

「ハム」と聞けば、ほとんど人が肉の加工食品をイメージし、その祭典だから、美味しいハムがいっぱい食べられるお祭りと思われるでしょう。
DSCN3963

でも、そうじゃありません!
「ハム」にはもう一つ別の意味が有り「アマチュア無線家」のことなのです。

国家試験で無線技士の資格を取り、趣味で無線通信を楽しむ人のことです。

私が高校生の頃から夢中になった趣味の一つでしたが、アマチュア無線から遠ざかって、もう30年以上にもなりました。

先日の新聞でハムの祭典が日進市で行なわれるという情報を知り、なぜか急に懐かしくなって出かけたという次第です。

日進市民会館の駐車場には、車載無線機(トランシーバー)を積んで、無線用のアンテナを装着した車がズラリと並んでいます。
DSCN3958DSCN3957

会場には、アマチュア無線に関係するいろんな催しやコーナーがありました。
災害救助でのアマチュア無線の活用についての実践コーナーや、
DSCN3973

無線愛好家のフリーマーケットで、中古品がたくさん持ち込まれて並んでいました。
DSCN3974

テーブルにはいろいろな電気部品が並んでいます。
DSCN3977

中古の無線機もありました。
DSCN3980

今ではほとんどお目にかからなくなった真空管です。
DSCN3981

別の部屋では最新の無線機が並んでいました。
DSCN4008

コンピューターを駆使した最新機は操作も難しそうです。
DSCN4011

会場をいろいろ回っていたら、私が昔、愛用していた無線機が売られていました。
DSCN4013
30年ぶりに対面して懐かしかったです。

今は携帯電話の時代になって、アマチュア無線を使って遠く離れた人と話しをすることが無くなってしまっていると思っていましたが、まだまだ趣味としてアマチュア無線を楽しんでいる人が多くいることに驚いた一日でした。