7月24日、今日は「土用の丑の日」です。そして昨日が二十四節気の「大暑」でした。
この二つの言葉を聞くだけで暑くなります。

そんな「土用の丑の日」には、うなぎを食べると夏バテをしないといわれています。

実はこの風習、江戸時代の万能学者であり、発明家でもある平賀源内が仕掛けたものだったという話は良く知られています。
平賀源内は知り合いのうなぎ屋さんが夏はうなぎが売れないと困っていたのを見て、店の前に「土用丑の日、うなぎの日」という貼り紙をしたのだそうです。
これが大当たりして、土用の丑の日にうなぎを食べる風習が広まっていったとか・・・。

この日の夕方に近くのスーパーへ出かけたら、店の前に特設のテントが張られていました。
DSCN4297

あたりに匂いが立ち込めているので何をしているのかすぐに分かりました。
DSCN4290

ここで調理した焼きたてを店内で売っています。
DSCN4296

タオルの鉢巻をした人が数人で汗をかきかき頑張って焼いていますが、店内には焼きたてを買い求めるお客さんの長い列が出来ていました。
DSCN4292
はたして、この日に何匹のうなぎが焼かれたのでしょう?

元々、土用の丑の日に「う」のつくものを食べると病気にならないという言い伝えがありましたので「う」のつく食べ物=「うなぎ」として定着したのでしょう。
栄養たっぷりのうなぎを食べて、夏バテを吹き飛ばしましょう!
って言いながら、我が家の今晩の食事には「う」の付くものは有りませんでした。😭