最高気温が35℃を超える猛暑日が続いています。
流しそうめんまつりが行われた先日の豊田市松平郷の道端に咲いていた秋の七草の花たちです。
ピンク色のハギ(萩)の花が咲き始めていました。
DSCN4361
DSCN4362

同じピンク色のナデシコ(撫子)は、もう咲き終わってしまったものもありました。
DSCN4364
DSCN4365

黄色の花はオミナエシ(女郎花)です。
DSCN4363

そんな松平郷で、今度の日曜日に一つのイベントが行なわれます。

「徳川家康公400年祭記念大会」のPRキャラバン事業として、松平郷の「産湯の井戸」からくみ上げた水を豊田商工会議所まで運び、豊田商工会議所からとよたエコフルタウンまでの大行列を経た後、燃料電池自動車「MIRAI」を早馬に見立て岡崎城へ届けます。
松平郷の産湯の井戸は松平東照宮の横に有ります。
DSCN4312

DSCN4372

戦国時代の天文11年、岡崎城において徳川家康公が生誕した際、松平宗家七代当主親長が、松平郷の「産湯の井戸」の水を竹筒へ詰めて早馬で運び、家康公の産湯に用いた記録があり、その史実を現代に再現するというものです。

8月2日(日) 午前10時30分~午後5時にかけて以下のような内容を行ないます。

  • お水取り神事(松平東照宮)
  • 大行列(豊田商工会議所→とよたエコフルタウン)約200人の大行列が市中心部を練り歩きます。
  • 出発式(とよたエコフルタウン)松平わ太鼓などのパフォーマンスで盛り上げ、岡崎城へ向かうPRキャラバン隊を見送ります。
  • 交流セレモニー(岡崎城)

内容詳細は、「徳川家康公400年祭記念大会」のホームページをご覧ください。

当日には、豊田市駅前を歩く大行列に興味があるので見に行こうと思っています。