豊田市民山の家「リゾート安曇野」で一泊して、その翌日には黒部ダムに向かいました。
DSCN5010

宿泊した山の家を8時半に出発して1時間足らずで、黒部ダムへのトロリーバス乗り場の大町市の扇沢駅に到着しました。
DSCN5116
無料駐車場は有りましたが満車状態です。有料駐車場に停めました。
駐車料金が千円です。
扇沢駅からは黒部ダム行きのトロリーバスが30分毎に出発しています。
9時30分のバスに間に合いました。
DSCN5015
バスを待つ人で長い列が出来ています。
人数に合わせてバスの台数を調整しているようで、9時30分には5台のバスが並んで出発しました。
どのバスもほぼ満員の状態です。
出発しておよそ15分でバスは黒部ダム駅に到着しました。
DSCN5018
トロリーバスが走るトンネルの途中で県境が有り、黒部ダムは富山県になります。

駅からはダムに直接行く平坦な道と、展望台へ向かう220段の地中階段を登る道の2つの分かれ道になっていました。
220段と聞いてチョッと悩みましたが、朝の元気なうちに階段を登ろうと決心し展望台への道を選びました。
DSCN5022
階段の途中には、小休止して水が飲めるところがありました。
DSCN5027
ひとくち飲みましたが冷たくておいしい水でした。
そして220段の階段を登り切り展望台に到着しました。
DSCN5030
DSCN5047
長い階段を登ってきた疲れは、この景観を見て吹っ飛びました。
眼下に広がる大迫力の黒部ダムです。
DSCN5033
観光放水がされていて、激しく水しぶきを上げています。
展望台からの景観を楽しんだ後、屋外の階段で少しずつ下に降りていきます。
DSCN5058
水しぶきには、うっすらと虹が見えました。
放水観覧ステージの高さからの景観です。
DSCN5060

更に階段を降りて、一番低い場所の新展望広場からの景観です。
DSCN5068
水しぶきに太陽の光が当たって、きれいな虹のアーチが出来ていました。
そのあと、階段を上がってダムの上を歩いて行きました。

DSCN5108

ダムの真ん中です。
DSCN5077

そしてダムの反対側まで行きました。
DSCN5086

再びトロリーバスの駅の方まで戻り、レストランで昼食にしました。
黒部ダムカレーが人気のメニューということで食べることにしました。
DSCN5101

ライスがアーチダムでグリーンカレーが湖面をあらわしていて、ポテトサラダが放水、水しぶきのキャベツやラッキョウが外階段のコンクリートと見事な作品です。
DSCN5097
ヒレカツは湖面の遊覧船だそうです。
デザインも素晴らしいですが、カレーの味も美味しかったです。

2時間たっぷり黒部ダムを観光して再びトロリーバスで帰りました。
DSCN5106
帰りの扇沢行のトロリーバスは3台で、みんな座って乗れました。
DSCN5114

扇沢駅に着いたら空が暗くなってきて、しばらくしたら雨が降ってきました。
DSCN5118
天候にも恵まれて、いいタイミングで黒部ダムを楽しむことができました。
長野県安曇野周辺の2日間の旅行を終えて、夕方には豊田市へ帰ってきました。