10月に入りました。10月は別の呼び方で「神無月(かんなづき)」ともいいます。
俗説では、この月に日本中の神様が出雲の国(島根県)に集まり、他の国には神様がいなくなってしまうことから「神無月」と呼ばれてきました。
そして、神様の集まる出雲の国では「神在月(かみありづき)」と呼ばれています。
ということです。

そんな神無月でも、10月には豊田市の挙母祭りなど各地の神社で秋祭りが行なわれ、神様に豊作などの感謝を奉げます。
お祭りをしている神社に神様がいなかったら変ですよね?

ややこしい話しはさておいて、現在「全国都市緑化あいちフェア」が長久手市のモリコロパークで開催されています。
豊田市でもサテライト会場として、今月10日から12日までの3日間「とよた都市緑化フェア2015」が計画されています。
都心を緑豊かにしようという活動です。

緑化フェアとは直接関係ないかもしれませんが、豊田市の市街地の道路には街路樹がたくさん植えられています。
やつば池に近い所の豊田市朝日町を通っている市道の一つに「元町通り」という道路が有ります。
DSCN6287
地図で調べると、トヨタ自動車本社があるトヨタ町の交差点から、豊田市の市役所を中心に、ぐるりと円を描くように走っている外環状線の一部になります。
豊田市内を走るコミュニティバス「おいでんバス」の朝日町のバス停付近の「元町通り」です。
DSCN6583

「元町通り」と名付けられたこの道は、トヨタ自動車元町工場の角の国道153号線の交差点「東新町二」から北に延びる道路で、豊田市栄町で国道155号線と交わる地点までが「元町通り」と思われます。
元町通りの南の端(スタート地点)から北の方向を見たところです。
BlogPaint
この地点付近は、東側のみ街路樹があります。

少し北へ進み、新町付近です。
DSCN6594
樹の間隔が広くなっていますが道路の両側に街路樹が植えられています。

さらに北へ進み、カローラ中京豊田元町通店のある宮町5丁目の交差点から北の方向には見事な街路樹の並木が続いています
DSCN6601

けれども、この場所から振り返って南の方を見ると、200mほど街路樹が1本も無くなっている部分があります。
DSCN6604
理由はわかりませんが、ちょっと残念です。

さらに北へ進み、宮上町8丁目交差点で飯田街道(県道520号線)を横切りるとカーマ宮上店があります。
DSCN6587
この付近の街路樹も所々で無くなっているものの、緑の並木が続きます。

朝日町の信用金庫前を通過して・・・
DSCN6585

お寿司屋さんのある朝日町6丁目の交差点から北へ向かう方向です。
DSCN6289
この辺りは道路の横に店舗が無いので、街路樹もギッシリと並んで残っています。

ゆるやかな坂道を登りつめたところから少し下って、日南町5丁目の横断歩道用の信号まで来ると、この先50mほどで国道155線と合流します。
DSCN6611
合流地点までで、およそ3キロの「元町通り」が終わりです。

この元町通りに植えられている街路樹は、いつに植えられた街路樹かわかりませんが、幹がしっかりと太くなって、4~5mの高さまで伸びた幹には緑の葉っぱが茂っています。
DSCN6286

街路樹の種類を調べてみましたが、冬には葉っぱが落ちる落葉樹であることや葉っぱの形や幹の木肌などから判断して、この木は「ナンキンハゼ」だと思われます。
DSCN6288

DSCN6291

部分的に枯れたり抜き取られた所も有りますが、ナンキンハゼの街路樹が都心の緑化として存在感を示しています。
これからも緑いっぱいの豊田市の市街地の街路樹として元気に育っていてくれることを願っています。