豊田市西山公園のクラインガルテン(市民花壇)の一つの花壇に数株のコキア(別名:ホウキギ・ホウキ草)が植えられています。
夏にはみどり色だった葉が、最近の朝晩の冷え込みで真っ赤に色が変わって、青空をバックにコスモスの花と共演して秋の景観になっていました。
DSCN7019


コキアは春にタネを蒔き、夏に緑の葉がこんもりと丸く育って秋に紅葉し晩秋に枯れる一年草です。
枝を束ねてホウキに利用していたことからホウキギの和名があります。
細かく茂る茎葉が美しく、こんもりとまとまった草姿が可愛らしいです。
 

DSCN7021

花壇の縁(ふち)取りによく使われていますが、最近では広い場所にたくさんのコキアを植えて、一面に広がる紅葉を楽しむようになっています。
DSCN7023

全国都市緑化あいちフェアが開催されているモリコロパークの花壇にもたくさん植えられていたので今頃はきれいに紅葉していると思われます。

また近いうちに、モリコロパークへ出かけてみようと思っています。