11月に入って日の出の時刻がどんどん遅くなり、朝散歩を始める6時頃はやっと空が明るくなってきた程度です。
毎日の朝散歩はコースを少しづつ変えて歩いています。
11月4日の散歩は、枝下(しだれ)用水から毘森(ひもり)公園を回るルートでした。
散歩途中でのイチョウの街路樹の葉っぱが黄色く色づいてきていました。
DSCN8185

もうしばらくすると、イチョウの葉っぱもきれいな黄色になりそうです。
DSCN8186

イチョウの並木を歩いていたら、ちょうど東の空から太陽が昇ってきました。
DSCN8187
時刻は6時30分です。
六所山(611m)の上に真っ赤な太陽が顔を出しました。
DSCN8190

毘森公園内の枝下緑道散歩道の桜の木の葉っぱは、もう半分以上落ちてしまっています。
DSCN8199

公園内の毘森球場の駐車場のケヤキの木はきれいに色づき紅葉がピークの状態でした。
DSCN8201

ケヤキの葉の紅葉のかなたの青空に、まだ夜明けの月が見えていました。
DSCN8202

もう少ししたら、朝散歩のスタート時刻を遅くしないと、朝6時の散歩では懐中電灯が要るようになりそうです。
それもそのはずで、あと3日後にはもう立冬です。