先日、豊田市上郷交流館で行なわれた上郷三期大学の講座の「新年を迎える季節の寄せ植えづくり」の講師の手伝いをする機会があり参加してきました。
DSCN9428

上郷三期大学の三期とは、人が生まれた時が一期、成人した時が二期、そして還暦を迎えた時が三期。
ということで、60歳以上の三期の人たちでお互いに学びあい新しい出会いや発見をする講座です。

100人ほどの受講生が集まり、寄せ植え講座が始まりました。
DSCN9450

講師の植えるポイントなどの話を聞きながら、深植えの鉢に、松の苗や南天、ビオラ、葉ボタン、白妙菊、アリッサムなどをバランス良く植えていきます。
DSCN9467

各テーブルを4~5人の受講生が囲んで植え込み作業をする中で、テーブルに1人ずつ西山公園の花壇でガーデニングの勉強をしている西山花クラブの人たちが解らないことを教えながらお手伝いをしています。
DSCN9470

正月の飾り付けらしく、真ん中に小さな松の苗を植えます。
DSCN9475

60歳以上の集まりなので、中には経験豊富な寄せ植えのベテランの方もみえます。
DSCN9480

およそ30分足らずで、植え付けが完成していきました。
DSCN9488

先生もテーブルを周りながら、一人ひとりの作業を見て行き、アドバイスをしています。
DSCN9493

最後にクリスマスにも楽しめるように赤い飾り付けをして完成です。
DSCN9494
みなさん楽しそうに寄せ植え作業をされていました。

上郷交流館では、一年間に10回の講座で健康づくりや地域の歴史などいろいろなこと勉強しているようです。