豊田市陣中町にある豊田市郷土資料館では、「作って、直して、着る。~古い道具と昔のくらし~」という企画展が行なわれています。
DSCN0415
現在では様々な衣服が安く簡単に手に入りますが、既製品の少なかった時代は布から衣服を作り、破れたら縫って着ていました。

pamp01

この企画展では、市民から寄贈された足踏みミシンや針箱などの衣服を作り・直す道具や、炭火アイロンなど衣服を手入れする道具などを展示しています。
DSCN0458

展示室の中央には、洗濯の方法の昔からの移り変わりが展示されています。
DSCN0459

盥(たらい)と洗濯板から、
DSCN0451

珍しい木製の動力洗濯機、
DSCN0447

洗濯物をローラーで絞る方法の電気洗濯機、
DSCN0448

そして、洗濯物を干すのに使っていた物干し竿も懐かしい風景です。
DSCN0460

体験コーナーとして、足踏みミシンを動かしてみよう!とか、
DSCN0419

着物・もんぺを着てみよう!
DSCN0420

という展示もありました。

団塊の世代の人にとっては、昔懐かしいものが展示されています。
4月3日まで行なわれています。出かけてみてはいかがですか。