昨年より2週間も早く、3月9日の中日新聞朝刊の豊田版に、豊田市加茂川の河津桜が見ごろの記事がありました。
その日は雨模様の一日になったので、翌日の3月10日に出かけてみました。
DSCN1793

場所は豊田市東山町を流れる加茂川沿いの堤防です。
DSCN1800

同町の東山橋と京ヶ峰橋の間の300mにおよそ80本の河津桜が植えられています。
DSCN1802
左岸側に加茂川公園が有り、広い駐車場もあります。
そして、右岸側には住宅が並んでいます。
DSCN1801

加茂川を散策していくと、桜並木の下流の方にはイオン高橋店が見えてきます。
DSCN1794

曇り空の桜並木を花を楽しみながら、多くの人たちが散策されています。
DSCN1791

まさに今が満開です。
DSCN1789

まだ桜を植えてから10数年ということで、それほど大きな木にはなっていませんが、枝の先までピンクの花がギッシリ咲いています。
DSCN1776

この河津桜は地域住民の人たちが、川の美化活動の一環として10年以上前に植えられたものだそうです。
DSCN1809
加茂川公園の前にある豊田市高橋コミュニティーセンターの歩道橋から見た加茂川の河津桜です。
昨年より2週間も早く見ごろになった今年の河津桜は、思ったより早くに咲き終わってしまいそうです。
今度の土日ごろは最高の花見日和になりそうです。
ぜひ、豊田の桜の新名所にお出かけください。