今年は例年よりあたたかい春で、各地のチューリップも見頃が過ぎつつあります。

4月21日、豊田市西山公園内にある四季の花園のボーダー花壇に植えられているいろいろな種類のチューリップの中で、遅咲きの品種のものが4種類、今ちょうど綺麗に咲き誇っています。
オレンジ色が美しいものや、
DSCN3255

ビオラと一緒に薄い桃色の花のものや、
DSCN3256

花弁がワイングラスのように広がった鮮やかな黄色のもの、
DSCN3257

赤紫色の珍しい色のもの、
DSCN3258
などの花が満開です。
秋に球根を植えてからおよそ5ヶ月育てても、花が咲いたら短い期間で散ってしまいます。
「花の命は短くて・・・」
と言われるように、春の季節を飾る桜もチューリップもあっという間に花の時期が終わってしまいます。
西山公園の四季の花園は、来月の中旬に春の花から夏の花に模様替えが予定されているそうです。